幸せの感じ方

編んでます。飽きもせず同じ形の靴下。

配色を変えると、また全然ちがった雰囲気になる。おもしろい。
楽しくて涙がでる。涙ってもんは楽しくでもでるんだなぁ。
ティッシュで涙をおさえながら、編んでる姿も
傍からみるとどんなもんでしょうか。


起きても、寝れるかどうかわからない夜を待つ1日。
家事はほとんど、禁止されてるので、1日1つくらいしかできない。
長い長い、1日が今日も明日も来週も続く・・・

こんな経験は、生きてきてしたことがなかったから、
自分でもどうしていいのか、どう過ごせば楽しくなるのか考えれない。
この状況は、経験しないと、どんなに説明してもわからないんだと思った。
私も、元気な時、
「何もすることがなくて、こうやって年をとっていくのかと思うとむなしい。」
と、相談されても、全くその心が理解できないで
「ふ~ん そうかぁ」
と聞きながらも
”習い事でも、DVD鑑賞でも、なんか好きなこと探したらいいのに・・・”
と思ってた。

こればっかりは、「これどうぞ」と人に与えられて得られるものではない
ということもわかった。


3年半かかって、私は”自分を楽しましてあげよう!”
という提案を出して行動してみた。
(こう思えるまで、この時間が必要だったんだと思う)

10月は、ついに王家の紋章の大人買いをした。
本日、オークションで落札したので、手続きなどちゃんとできるか
緊張するけど、1巻~55巻まで・・・・ これで寝れない夜も平気。


日中は、靴下が編めるし、することがあるということは
こんなにも、1日がはじまることが怖くないんやね・・

私は、できることなら、せめてほんの少しでも相手の心の中の様子が
見える人間になりたいと思わせてもらえたありがたい一言でした。

王家の紋章、ちゃんと届くかな。緊張するなぁ。

totona