正体は・・・きっと、私自身なのでした

こんばんは。アジトよりtotonaです

いつだったか、越えても越えても
目の前に壁が

バァ~~~ン

と、現れるのは何故

というような事を書いたのですが、
壁とやらの正体がわかりました

きっとそれは・・・

私が生み出しているのだと感じます

もっと、こんな風になりたい
もっと、こんなことができるようになりたい
もっと、あんなこと・こんなこと

もしや、そんな気持ちが、新たな壁となって
姿を見せるのではないのかな?

”きっと、そうなんや”と思った。

自分で作った壁やったら
やめようと思ったら、登らんかったらええねん。

登りたかったら、どんなことしても
乗り越えたらええねん。

1つ、わかったことは

登るのは、自分やけど
楽な方法考えるのはあかんけど

「そこ、でっぱりあるで 足かけや」

って、助けてもらってもええやん


なんも、壁に激突せんでも
たまには、ハシゴ使ったらええねん

って思えるようになりました

誰でも、それぞれに壁があるんやと思う

これって、ええことやと思えるようになりました

これからも、どんどん壁を作って

だけど、たまには助けてもらったっていいやん

って思いながら
乗り越えていける自分でいたいなぁ

諦めることは、
この瞬間でも出来る。

自分に負けない自分になる

って、気持ちいいと思う。

2012a.jpg

枯れ枯れになりそうになったコケちゃん。
水やりの方法を教えてもらって
元気になってくれました。

お隣の小さな赤い花は
葉っぱやったのが、先が変身しました。
(かなり、びっくりです)

生きてるんやなぁ。
素敵♪

totona