7月7日 雨ふりの出来事

こんにちは totonaです。

先週の7日の木曜日、14時過ぎから、ピィちゃんが膨らんできた。
足もいつもより、広げて立ってる。

おかしい!!

すぐに、病院に連れて行ったけど、原因わからず、
ただ
「鳥さんは、連れて来られたときには、そうとう弱ってます
 覚悟はしてください」

と、言われてたけど、覚悟なんかしないし、泣かへんし、
絶対にもどってくる!!!


ここ数年、3日続けて家から出ることも、遠距離歩くこともなかった。
そんな私、今は夏

しかし、ピィちゃんに会うためにせっせと毎日片道40分
するっていと、往復80分になるのか 歩きました。
ごっついええ運動です。
めっちゃ筋肉痛に4日後くらいからなりました。

なにせ、こんだけしたバスがないの~~
110713b.jpg

なのに こんな坂道~~
110713a.jpg

3日目に肺炎だということが、判明。
酸素室に入れられた。

それから、毎日会いに行くが、私がいくと必ずはじっこに
行って背中を見せる。
切ない・顔が見たい。

6日目に手を入れて触ってもいいと言われた。
ピィちゃんは、いつもはこっちから触るとガブリッだ。

そっと手を入れると、初めて手乗りインコのように乗ってくれた。
頭や顔をすりすりしてくれた。

おぉ~~私がわかるのね。絶対にお家帰ろうね。と約束した。
でも、手をひっこめて ガラス越しになると、またすみっこにいく。


酸素室からでれたが、食べ物を食べてくれない。
先生が、「家に帰ったほうがいい」と言ってくれた。

ピィちゃんが10日ぶりに帰ってきた。
クーラーの部屋があかんので、リビングから
廊下がピィちゃんの定位置になった。

が、1人になったピィちゃんはある行動に出た。

誰もみえなくなったら”ケフッ ケフッ ケフッ”と
セキのような声で鳴く。
そばにいったら、ケフッがやむ。

仮病か???
病院に電話をしたら、鳥さんは頭がいいそうです。


そうなのかぁ
その鳴き方をしたら、誰かが付いててくれるとわかってるや。

それから、ずっとクーラーを消した私の部屋でピィちゃんは
過ごしています。

小さい体と頭で、よっぽど不安で寂しかったんやなぁ~~~

ピィちゃんです。携帯におどろいて膨らんだ。もう撮らへんよ。
110717a.jpg

ピィちゃんのいる風景。