自分を知ることの難しさと大切さ

下を見てもきりがない、上を見てもきりがない。
人と比べると、もうどうしようもない。

私が見るべきもの、比べるべきものは、誰でもない 
自分だとおもえてきた。

昔に戻りたいなぁ~っていう気持ちは、
「弱虫の思うことや!現実から逃げてることや!」と
思わんようにしてたけど、昔を思い出して楽しい気分や
幸せな気持ちになれるんやったら、時々は自分を
タイムマシーンに乗せてあげてもいいと思う。


そうして、帰ってきて向き合うのは過去の自分ではなくて今の自分。
これから先どうなりたいのか それには今なにをするべきか。
私はまず、何をするにも健康な心と体がないと何もできないので
健康になりたい。それにはどうしたらいいのか・・・・
考える・・・ 実行する。
小さなことでもいいから、この繰り返しが大切に思う。


私の知ってる人でいつも元気が有り余って、仕事も上手くいって
交友関係も素敵で悩みなんて微塵もないようにみえて
うらやましく思えてた人にも、実は人に言えない苦しみがあって
寝れなくて、悩んでる人がいる。

どんなに、笑顔で大活躍している人も、本当はどんな苦労を
した人生を歩んできたかわからない。

そのことを表に見せないで輝いてる人を私は素敵だと憧れる。