裏の顔。

7月。 季節は秋への準備をしてるんですね。

totonaです。

朝日の登る時間が、少しづつ遅くなって、
太陽の出てる時間は短くなってきてる。

明るかった明け方の4時過ぎが、今は薄暗いです。

日の沈む時間が同じやから、気付きにくいけど
そんなことを発見する感覚が好きです。

私が人にとっても興味が湧いてしまうのは
気付きにくいことに 気付けたときの意外性が
わくわくするからやと思う。

わくわくするし、めちゃめちゃ面白い。
人ってほんまに不思議な生き物やと思う。

人の脳もすごく不思議で知れば知るほど
知らないことがでてきて面白い。

良い意味のその人の”裏の顔”に気付いたときに、
もっと知りたくなる。

「そうなんやぁ~ 知らんかった~」
って感じ。

裏の顔って
たぶん、あんまりいい意味で使われてへんけど
裏の顔にこそ、その人の本当の姿があると思ってる。

案外、本人も気付いてないことのほうが多い気がする。

だから、私は表に出てなくても 裏の顔がわかる人になりたい。
それは、なんか難しそうやけど 楽しそう。

”楽しそうっ”ていうだけで、行動したっていいと思ってる。
大人になったからこそ、そう思う。

140621_223552.jpg
いつのまにか大きくなった。
bear@totona-mei.com
totona-mei