明けない夜・止まない雨。

固く閉じていた桜の蕾が次々に開きだしています。
自然はいつも いつでもすごいです。

totonaです。

今まで生きてきて、何度も見て聞いた言葉がある。

「明けない夜はない」
「止まない雨はない」

いつの頃からか、この言葉は心に染みてこなくなっていった。

「繰り返される自然と同じように 人の心は雨のち晴れになんてなれない。
 苦しいことのあとに、もっと辛いことがあることだってあるやん。
 悲しいことのあとに、もっと寂しいことが起こることだってあるやん。

 いつ晴れる?いつ太陽の光を感じれる?本当に朝はやって来る?」

でもね。気がついた。
そんな風に考えてたら、何も変わらないねん。

どんなに辛いことがあっても、その日には必ず夜がやって来る。
眠れなくても、朝がくる。
泣き叫んてでも、涙が止まる瞬間もある。

そんな1日1日を繰り返してたら、
人の心の強さに驚くけれど
その苦しみや辛さにも少しづつやけど慣れてくる。

それでも、その苦しさや辛さに慣れなくて耐えれないと感じたなら
傘をさしても、雨宿りをしても、もう無理だと感じたら
自分の足で歩いて、晴れ間を探しに行くことができる。
自分の力で、闇から抜け出すことができる。

自分は変われるんやって信じることが大切やと感じてる。

変わることは何かを手離すこと。
手離す潔さは、しがみつくことよりも勇気や工夫がいるけど
それが、自分を助けてあげることになると思う。
それは、自分を大切にしてあげることやと思う。

子供の頃は、どんなにもがいても
その環境から逃げ出すことなんてできない。
例えば、いじめにあっても、
学校を変わることも止めることも自分ではできない。
耐えるしかないこともある。

だからこそ、子供たちの苦しみには、
近くに居る大人たちが気づいてあげないとあかんと思う。

変わることは、諦めたり、止めたりするのとは違う。
現実から逃げることでもない。

積み重ねてきた思考やら、生きてきた時間やらいろんなものが
邪魔をしてきて 変わることは簡単じゃないし
確信のないことは行動するのが不安で怖いし、
何より、現状維持のほうが楽な気もする。

今の私は、あの頃と変わった。
人の心も自然と似てる。

「明けない夜はない」
「止まない雨はない」

そして人が変わるには、自分を信じる心と
支えてくれる人が必要なことも新しく覚えた。


昨日、友達がくれた。
「羊毛とおはな」
というアーティストのCD。
曲も音楽も心地いい。

bear@totona-meicom
totona-mei

比べること・比べないこと。

春色の空です。

totonaです。

寒い日や雨の日や いろんな日を自分の中で感じて生きてるから、
穏やかな日がありがたい。

自分の中に比べるものがあるって、すごくいいと思ってる。

誰もが1度は経験してる気がする。
めちゃめちゃしんどくて
どう処理したらいいか わからないような感覚。

それは誰かと自分を比べてしまうことやと思う。
(闘いとは違う。闘いは”勝!負!”やから)

友達やったり、近所の人やったり
自分だけじゃなくて、自分を取り巻く環境さえも比べてしまう。

私もあった。ものすごいどんよりとして 惨めな気持ちになってた。

人は近ければ近いほど、比べやすいよね。

オリンピックで頑張った選手に嫉妬する人はいないと思う。
感動させてもらっても 妬む人なんていないと思う。

心から「おめでとう ありがとう」って言える。
人の良かったことを、そんな風に素直に喜べると、
みんな気持ちがいい。

人の嬉しいことを 素直に喜べる気持ちの良さを誰もが経験してる。

それでも
誰かと自分を比べて、苦しんでる人がいる。

誰かと自分を比べて、嫉妬する人もいる。

その人の心の中の本当の気持ちは
きっと 情けないくて、どうしようもできないね。

嫉妬した人もされた人も いいことなんて全然ない。
どっちも同じくらい苦しまないとあかん。

誰かに嫉妬して、気分が良くなる人なんて、きっといないから。
誰かに妬まれて、平気な人なんていないから。

あんな苦しい想いはしたくない。そう思ってる。

だから、人と自分を比べない。
比べるのは、過去の自分が1番いい相手やと思う。

「自分に負けない!」

って頑張ることもできる。

時には、振り返って 頑張ってきた自分を褒めてあげることもできる。
反省することもあるけど、それも糧になる。

気付かなかった自分を発見することもできる。
自分の中にあるものを磨くこともできる。
どんなことでも、磨かないと輝かないもんね。

人と比べてたら、
それぞれに素敵なものを持ってるのに発見しにくくなる。
発見できなかったら、磨けない。

いろんな人を見て気付いた。
自分を磨いて、我が道を進んでる人は
人と比べてる暇なんかないんやっていうこと。

それは、すごいシンプルでかっこいい生き方や思う。


140316_110559.jpg
20年以上前にはよく作ってたルーから作るカレー。
先週よりカレーらしくなった気がする。3月16日作。

140309_174450.jpg
3月9日作。

140316_120432.jpg
スパイスの研究中。
ビンのスパイスを全部混ぜて味見すると、
風邪薬の”カイゲン”と同じ香りと味がする!!

bear@totona-mei.com
totona-mei

思いついた!

冷えた曇り空の下、
鳥たちが元気に楽しそうにおしゃべりしています。

totonaです。

めっちゃいいことを思いついてしまった。

ずいぶん昔からノートを何種類かに分けて持ってる。

●歌詞ノート・・ええなぁと思った歌詞をそっくり写してる。
(始まりは中1の時、なごり雪の歌詞を写した 
 その時、なんか感動して 今も続けてる)

●目標ノート・・目標を書いて、達成するためには
 何をすればいいか細かく書き足しながら書いてる。

●ハートノート・・心がいい反応をした言葉や
 思い浮かんだ言葉を書いてる。

そして、アイディア帳
 創ることに繋がりそうなことを、思いつくまま書き落としてる。

このアイディア帳だけが、至る場所に置いてあって
もうどこに書いたかも、何を思いついて書いたのかさえも
わからなくなっていたことに、一昨日気付いた!

これを1冊にしてみよう。
書いてる途中でよくページが足らなくなって、
別のノートに続きを書いてしまってたから
(これで、何がなにやら わからなくなるねん)
ページが足らなくなったら足せるようにファイリングしてみよう。
そう思って、昨日、手帳探しに出掛けた。

いい物に出逢いました。サイズはA5。

140305_111216.jpg
これから、お世話になる相棒さん。

140305_110322.jpg
アイディア帳から生まれたクルミくまのバックチャーム。
携帯ストラップ用にも変身予定。

140305_105307.jpg
いろんな場所から発掘されるノート。

パソコンにも、ほんまにお世話になってる。
今の時代やからこそ
デジタルもアナログもどっちも素晴らしいと思う。

bear@totona-mei.com
totona-mei

自分だけのフィルター

明日は3月3日。ひな祭りですね。

totonaです。

大人になって、好きなことを探すのは難しいかもしれない。

どこか遠くへ 自分探しの旅に出ても、たぶん見つからない。

だって、それは、自分の外で探すんじゃなくて
自分の中から、見つけ出すものやと思うから。

好きなことを探すには子供時代にヒントがあると、ずっと思ってる。

誰もが創造すること、楽しむことの天才やったあの頃。
あの頃のいろんなものが詰まってる心の引き出しの中に
”自分だけの好き”は影を潜めて、探し出してくれるのを待ってると思う。

わかってても、損得や見栄や人目や
大人ならではの雑念に覆いかぶされて、
素直な気持ちで好きやったことは、ほんまに見つかりにくいよね。
もしかしたら、自分にはそんなものなかったんちゃうやろうか
って不安に思うときもあるよね。

見つけることは大変かもしれへんけど、きっと見つけられる。
大切なのは、人と比べたり、人のフィルターを借りたりしないで
自分の正直な心のフィルターで、探すことやと思う。

子供の頃は、損や得やなんて感覚は持ってなかった。
子供はみんな、とんでもなく すごい力がある。

心が面白いと反応したことは、とことんする。
毎日する。
動けなくなるまでする。

興味があることを好奇心だけで、なんの損得もなくできる。
飽きるんじゃなくて、飽きるまでやりきる。
そして、次の好奇心のもとへ迷いなく自由に飛ぶ。

私たち誰もが、このすばらしい子供時代を体験してる。
忘れかけてるけど、記憶からは消えてない。

子供から大人に進化していく途中で、
好奇心だけで行動できなくなっていくことに悩む。

いつのまにか、大人になって
好奇心だけで、行動しないことに慣れる。

そして、哀しいけど いろんなことが、
損得なしに考えられなくなっていく。

だからこそ、自分だけのフィルターで
好きを探してあげることが大切やと思ってる。

大人になっても、好きなことが見つからないで苦しんでることは
諦めて、なんとか現状維持で、未来も想定内で生きてるより、
めっちゃかっこいいと思う。

かっこいい大人に憧れる。

140302_181456.jpg
年に1度の雛人形。春が来ました。
bear@totonamei.com
totona-mei