遠くの空が、少し明るくなってきました。

totonaです。

「まぁ しゃないかぁ」
「頑張ったもんなぁ」

こう思えるのは、精一杯、努力して頑張って
それでも出来なかったことに対して、やっと思えることやなぁ。
と、今日の今、そんなことをしみじみと感じてる。

もがいてる最中に、壁を登ってる途中に、そんなことを思われへん。

「まぁ こんなもんか」

そんな生き方だっていいと思う。
そんな風に考えたら
もがくこともないし、初めから壁なんて登場しないよね。

人生の壁は自分で創りだしてるんやから。
物語の次のページも、やっぱり自分で創りだしてるんやから。
ページを開くこともやめたかったら、今すぐにでも止めれる。
だから、あと少しだけ、続けてみようかと思える。

諦めることは嫌いやけど、
諦めないと仕方がないことだって悔しいけどある。

悔しさに のたうち回りながら諦めたことは、
あとから考えると、そのことでまた違う何かを得てる。

諦めることの辛さを知ったら、諦めない苦しさを選ぶ。
途中でやめる辛さを知ったら、続ける苦しさを選ぶ。

子育てでも、仕事でも、人間関係でも、自分を表現することでも。

「不意に壁に道をふさがれたとき、どうすればいいねん?」

問いかけてみる。

答えは相も変わらず、

「登るしかないやろう」

驚くけど、人生で初めて、振り返ったら道じゃなく壁があった。
創り上げてきたはずの、自分の道が見えない!

それでも、おんなじ登るんやったら、前に進もうと決めた。

どんな時だって、上を見上げたら、その先には希望の星が光ってる。
下を見たって、涙でできた水たまりに希望の星が映ってる。

希望の星は、自分の力だけでは現れてこないことにもやっと気づけた。

これを乗り越えたら、また必ず楽しい世界が目の前に広がってると
その時を想像しながら、休憩しながら、星の光を頼りにして
コツコツと進んでいこう。

次に広がってる世界を楽しみにして。

昨日、石田裕之くんのライブに行ってきました。
きらきらバレンタインデーに石田くんのパパとママと3人で。

とほで♪

”どこまでも続くこの道をできるだけ丁寧に歩こう”
この意味がやっとわかるようになりました。
Hiroyuki Ishida

bear@totona-mei.com


寄り道、回り道。

何かしても何もしなくても どんな時も
1日は終わって、新しい1日は始まるんですね。

2月になりましたね。
totonaです。

思いついたように時々、自分の歩いてきた道を振り返る。

その道は、合理的なレールのように一直線では繋がってない。
今日の今という日の到着地点までも
ぐねぐねと曲がりくねってる。
壁にも何回もぶち当たってる。
回り道もたくさんしてる。

もしもタイムマシンで過去に行けたら 私は自分に言ってしまうやろうか。

「こうしたほうが、楽やで」
「こっちのほうが安全やで」
「この道を進んだら、早いし苦労ないで」

それやったら、タイムマシンがなくてよかった。
未来は見えなくていい。自分で創っていくんやから。

数え切れない失敗も、たくさんしてきたけれど
その分だけ、心の引き出しにいろんなものが詰まったなぁ。
引き出しの数も増えたなぁ。
そんな気がする。
それがいろんな場面で、生きていく糧になった。
だから、失敗なんてないんやね。

寄り道、回り道で、素敵な出逢いもたくさんあった。
レールに乗っかって進んでたら、たぶんきっと出逢えない。
誰かの創った道を、たどって歩いても出逢えなかった。
その道のりで本当の人の優しさも教えてもらえた。
だから、意味のない寄り道はないんやね。

到着地点までは、寄り道も回り道もあるもんやって
わかってたら、それを楽しむ余裕もできるよね。

”余裕なんて、微塵もない”

なんてこともあるけど、そんな時もあってええやんと思う。

それでも、心と体には、休憩という寄り道が必要な時がある。
それが必要のない人だってたくさん居てる。

そんな時、よく言われる。
マニュアルでもあるのかというくらい。

「なにもしなくていい。ゆっくりしたらいい。頑張らなくていい」

これは簡単なようで ものすごく苦痛な寄り道 回り道。
罪悪感や自己嫌悪まで生まれてきたりする。

”なにもしなくていい ”そんなことないよ。

ゆっくり休むのだってパワー使うし気も使う。

「なにもしなくていい」

っていう愛情のある言葉が、
まるで人間失格みたいに聞こえてしまって
その気持ちを理解してもらえなくて
前にも後ろにも進めなくて ただもがくこともあるよね。

「頑張らなくていい」
なんて言われたら、生きててもいいのかさえ わからなくなるよね。

それでも、休憩が必要な回り道では、
簡単じゃないし時間もかかるけど
ただ好きなこと、ただ楽しいと思えることを
ほんの少しだけ頑張って探して

次に繋がらなくていい。次になんて繋がらなくていいねん。
心が楽しいと思えることをくるくる変えてみたり
ゆるゆるとしていくことが大切やと思う。

決めることも大切やけど、
なんにも決めないことも大切な時期もあるんやね。

そんな回り道が、いつのまにか内側にも外側にも
しっかりとパワーを貯めてくれる。
じわじわすぎて気付かへんくらいやけど。

パワーが貯まったら、なんだってできる。

今、休憩という回り道が必要な人は辛くて苦しいね。

期間が限定されないことが1番しんどいけど
必ず、自分の道に出るから。

だって、レールに乗っかって楽に進んでこなかったから
誰かが創った道を歩いてこなかったらから
休憩が必要になっただけやもんね。

私は、十分に回り道という休憩をしたから
また道を創りながら壁を登りながら歩いていきます。
今度は、そこそこの休憩を取り入れながら。

bear@totona-mei.com
totona-mei