気楽な気持ち

木から葉っぱが旅立つ瞬間に出会いました。
くるくる舞い踊ってなんだか楽しそうにで見惚れました。

totonaです。

「もっと気楽に生きろ」

これは、なんども心療内科の先生に言われてた言葉の1つ。

私は、そのたび、先生の言葉を心に入れずに跳ね返してた。

「気楽になんて生きてたら、目の前の壁を登れないやん!」

今日、散歩しながら気楽という言葉の意味を考えてみた。

ふと思った。
私は気楽という言葉を勘違いしていた気がする。

「気持ちを楽に、もっと心に余裕をもって生きる」

ってことなんじゃないかな。

気楽って怠ける。苦労から逃げて楽な道をいく。
そんなことしてたら、低い壁しか登れない自分になってしまう。

そんな風に捉えてたけど、私が間違ってた気がする。

気楽に考えることによって、心に余裕ができて
問題にぶつかったときの壁の高さも、登り方も
ただやみくもに頑張るだけじゃなくて、冷静に見えてくる。

休憩しないとあかんときも
休息しないとあかんときもあることがわかる。

”気楽さは、心の余裕”
”怠けることでも、頑張らないことでもない”

そう思うと、大切なことやと、やっと気付いた。

今からの人生は、勇気と覚悟 夢と希望
それに”気楽さ”もかばんに詰めて旅を続けようと決めてみました。
荷物は増えたのに、楽になった気がします。

ずいぶん前に一眼レフで撮ったお花屋さんの花。
bara1.jpg

ka1.jpg

bear@totona-mei.com
totona-mei