変わらないこと

街にクリスマスの気配がほんのりやって来る。
このそわそわな感じがたまりません♪

totonaです。

人は成長していく途中でどんどん、変わっていく。
外見も変わっていく。(笑いじわは素敵やと思う)
環境も変わっていく。

変わりたくなくても、変わらないと変わり者と呼ばれたりしてしまう。

「もう、子供の頃みたいに 学生の頃みたいに 無邪気になれない」

そんな言葉もよく聴いたりする。

生きていくだけで、毎日が大変やから、責任もあるから
いつまでも、子供でいれないこともあるよね。
自分も年を重ねた分、親も年を重ねたりしてるから
いつまでも、学生気分でいれない気持ちもあるよね。

それでも、そうかな。そうなのかな。

本当は、変わらないでいることが、なんか怖くて、
変わったふりをしてるんじゃないのかな。

”自分はもう大人やねん”

ってぐるりと周りの人たちと見比べながら、
頑張って合わせてようとしてるんじゃないのかな。

”大人ってこんなもん。”

そんなマニュアルをいつの間にか 知らないうちに掴まされて、
みんな一生懸命に頑張ってる。

そんな風に感じてる。

小さな子供たちが、それぞれに素晴らしい個性があるように
大人にだって、それぞれに素晴らしい個性があると思ってる。

男の人も女の人も周りに合わさないとあかん時期もある。

だけど、40年も45年も生きてきたら、
もう1度、小さな頃の自分のように
本当に思ってること、好きなこと、感じてたこと
あの頃と変わらないことでいる自分を
心の引き出しを、こっそり開けてみて
探して見つけてあげるって大切なことやなぁと想う。

そんな変わらない芯を、心のどこかにしまってたからこそ、
それぞれに40年以上生きてこれたんやと思ってる。

変わらないでいる自分を1つ見つけ出して来れたら
これからの人生は、きっとわくわくするね。

IMG_324.gif
一眼レフ、壊れずにいてくれました。
何年ぶりの撮影かな。
玄関のカーテンが可愛いすぎる。誰かのお家。

bear@totona-mei.com
totona-mei