二兎くらい追える!

1日づつ終えていくと、4月も真ん中になりましたね。

”どんな1日でも必ず終わりがくる”なんてことに気づきました。

こんにちは totonaです。

二兎を追う者は一兎をも得ず

ことわざってそれぞれに解釈の仕方があると思う。
言葉で人の人生を大きく変えてしまうこともあると思う。

このことわざは、私の中では

「欲を出さずに1つのことに一生懸命になろう」

と訳してる。

一つのことをひたすら、一生懸命にすることもすごい大切やし
なかなか出来ないことやと思う。

それでも、私はこう考える。

二兎くらい追おうよ。もう一〇〇兎くらい追う勢いでもええやん。

生きてると、時にはこのくらいのパワー出さんと、
一兎さえも捕まえられへんことがある。

その時のために、日頃から小さな日常のささやかなことを
一つからでもいいから、きちんとしておく習慣も大事なんとちゃうかな。
と感じてる。

例えば、家に帰ってきたら、お財布の中のいらないものを捨てる とか。
汚れた食器は、その都度洗う とか。
簡単なことのようで、私には意識しないと難しい。

きちんとするといえば、今 流行っる”片付け”

ただモノを減らしたり、綺麗にしたりすることだけじゃなくて

目の前のことに対して、きちんとかたをつける。
って考えると行動に移しやすいような気持ちでいる。

きちんとかたをつけたり、自分がしたことの後にかたをつけたり(後片付け)
逃げないで、しっかりけじめをつけることで

二兎追っかけて走ってたらふと気づくと

「あらっ 5匹もうさぎちゃんが!」

なんてことになってたりする。

大げさに言うと一〇〇兎、必死のぱっちで追っかける勢いでいたら
気づけばしっかりとその手に1つの夢を掴んでたりする。

私は大人になって改めてそう感じるようになりました。

大盛りの袋に紛れ込んでた人参さん。

130130_100813.jpg
なんかめちゃめちゃラッキーな気分になって
丸かぶりで食べました♪

totona-mei