手離さない

もうすぐ、神戸港から花火の音が届く

アジトよりtotonaです。

手離さない!

もしかしたら、手離すよりも難しいことなのかもしれない。
不器用ならなおさら、そうなのかもしれない。

どんなにあの時 ”離さへんで!”

心に固く誓っても、頑張っても、踏ん張っても

もがいてみても

たぶん想像通りにはいかないことのほうが多いと思う。

それは、夢やったり目標やったり人やったり・・・

一人一人にとって手離したくないものがあるんやね。

今はもう、それが過去形に変わってしまった人もいるかもしれない。

けどそれは、世の中を生きていくという旅の途中に
怪我もなく進んで行きたいという人間の知恵のひとつで

本当は、誰もがきっと心の引き出しに
こっそりしまってあるような気がしてる。

忘れてしまうほうが、手離すほうが、
楽な時も生きてたらあるもんね。

(楽と楽しいは字は同じやのに意味が全然違う!
 何故、文字を同じにしたんやろう???)

今日、気づかせてもらったことがある。

もしも、途中で握りしめる力を失っても
倒れて意識がなくなっても、どんなに不器用でも

自分を諦めなかったら

必ず、その苦しみも悲しみも辛ささえも
形を変えて、新しいパワーになって戻ってきてくれる。

植物の種みたいに、小さな小さな芽さえ
出る時期がわからへんのが不安でつらいけど。

どんな時も、自分を諦めないことの
大切さに気付かせてもらえました

そして、それには一人きりでは耐えられないことを感じました。
支えという偉大さも知りました。

まだまだ、自分は大人やないなぁ

1284.jpg

1年前の今頃は、茎だけになってしまったのに
その茎も、5cmくらいまで切ってしまったのに
水やりも、見向きもしなかったのに

なんと、6月頃から芽吹いて
こんなに伸びやかになりました。

植物のパワーはすごい!
太陽と雨の力もすごい!

totona-mei