飽きないこと

カラスたちが一斉に
鳴きながら、同じ方向に飛んでいった。

どこに帰るやろう?

アジトよりtotonaです。

さっき、気がつきました。
私が編み物と出逢ったのは
小学3年生ではなくて2年生だった。

棒針の代わりに、菜箸とそのへんの紐で編んでた。
かぎ針の代わりに、指で編んでた。

あれからから37年 ずっと

「めっちゃ好きやねん♪」

って想い続けられたのはなんでかな。

どこかで飽きなかったんかな。

ほかのことに目がいかなかったのは
ただただ、自分が不器用やからやなぁ。
と思ってた。


毛糸を眺めながら、ふと考えてみた。

 手作りなんて、ださいわぁ
 (そんな時代もありました)

 ひと針つづ編むなんて、おもぉ~~~~
 (都はるみさんの♪北の宿から、はい重いです)

 買ったら早いやん。
 (確かに!)

 なんで、いっつも編み物しとん?
 (理由はないねん。好きやから♪)


なんで、今も飽きないんやろう? 

それはきっと、自分の気持ちが
編み物に対して
変化し続けてるからやと感じました。

同じやったら、たぶん飽きる。

それは、何に対しても言えるかもしれない。
人やものや 行動 習い事 歌 いろいろ。

例えば、ずっと続けてる呼吸法とストレッチ。

だんだん、自分の体がいいように変化してる。

ホルモンバランスも数値で見ても変わってきた。

全身、DNAレベルで凝り固まってると諦めていたのが
うそのように体のコリがなくなってきてる。

お通じも薬なしでも、大丈夫になったり。

自分が変化してるから、毎日、続いてる。
(変わらないようにすることも、変化かもしれない)

例えば、歌。
何年も聴き続けてる歌詞やのに
ときどき、捉え方が変わったりするから面白い。
自分の感性に変化があったからやと思う。

少し、ずれるかもしれないけど
よく聞く言葉に

{1度した経験は、最初とおんなじ感動はない}

そうかもしれへんけど、
最初とは違う感じ方はできる。

飽きないと慣れないは、少し似てるのかな。
アジトから見てる港の景色も
1年が過ぎても、慣れないで毎回感動。


好きなことを、
人知れず、やり続けてる人
(言えない時も、あるよね)
たくさん居てると思う。

子供の時は好きやねん♪

で通じてたことも

何故か大人になると、行動に意味がないと
それは無駄なことやと
思ったり、言われたりすることが
あるかもしれへんけど

そこに何か、
意味を見つけなくてもいいと思う。

続けてこそ
発見できたり、感動したり
することもあるんやね。


たまにこんな言葉を聞くことがある。

「好きなことが見つからない」
 

私はこんな風に感じてる。

素の心で

”面白い。楽しい。”

って遊んでた子供の頃にしてたことが

その人自身の好き♪

を見つけるヒントになるんとちゃうかなぁ。

素の心。
大きくなると難しいけど
大切なことやから、持ちたい。

120123_161137.jpg
半年ほど前にやってきた雑草くん。

120507_142053.jpg
健やかに育ってくれて

120507_140456.jpg
なんと蕾ができて

120512_173133.jpg
こんな花咲いた♪
風車か扇風機の羽みたいで可愛い。

totona-mei

気づきの大切さ

やんわりとした水色の空が見える

アジトよりtotonaです。


人の考え方、感じ方、モノの捉え方は

生きてる人の数だけあるんだなぁ

そんな当たり前のことを
今更ながら思えるようになってきました。


同じ感覚の人といる空間の心地よさも
感じられるようになりました。

それは、”生きつづける”という旅で
ものすごく大切なことやと思う。

ほんまの自分を隠しながら
人から見られた自分を想像して
合わしながら旅を続けていくのは
もったいなすぎる。
(それがどうしても必要な世の中はなんか切ない)

そう思ってたけれども

”自分の考えはこうやねん!”

だけで通すことは
信念なんてものではなくて
自己主張が強いだけだと
気づかしてもらました。

自分でぶれずにいたいと
思ってた1つは

”負けない”

戦かって勝たないといけないなら
いっそステージを変えよう。
と思ってた。

勝つなら、戦って
どんな手を使ってでも
相手を負かすことはできるかもしれない。

それはなんかちゃうねんなぁ~
なんとなくわかってたつもりだった。

”負けない”

そのことについて語り合ってたら
こんな風に言われた。

「負けないことは、相手に対する優しさやで」

びっくりしたけど、そうなんやね。
意味を取り違えてた自分に苦笑いです。

優しさがないと負けないことは
難しいんやね。

そうなんやぁ。
そうな風に思えるようになりたいと
心が思いました。


自分以外の人と話すということは
いい意味でも、その反対でも
教えてもらえることがたくさんある。

この間もきっと
何気なく言った一言だったと思うけど


その一言で背中が軽くなった。

「好きなだけでいいやん」

そうなんや。
得意なことや出来ることは見つからへんでも
好きなだけでいいなら
私にもたくさんある。

生物で人だけが授かった

”言葉”

というツール。

優しい言葉・思いやりのある言葉は素敵です。


白い杖をついた人が教えてくれました。
「花や葉っぱは人間のことが好きなんよ。
 だから、いっぱい見て、いっぱい話かけたら
 喜んで綺麗なってくれるし
 人間も嬉しい気持ちになるんよ」

だれもいないその人の家には
気持ち良さそうに咲いてる花が
笑ってました。

20126a.jpg
私も雑草くんたちに話かけてみよう。
なんと、コケくんにクローバーが咲いて感動。

20126b.jpg
夜になったら寝た。
可愛い。

totona-mei