登ってしまうと見えてくるものがある

こんばんは totonaです。

アジトも、すっかりクリスマスになりました。
BGMは、やっぱり、ワムのラストクリスマスが最高です♪

生きてると、何度も何度も、これでもかって
言うほど、前方に登場してくる壁。

やっと、乗り越えたのに、

またかいな! なんでやねん!

って思って、

「もうここでいいかぁ」

なんて、気弱な自分がそうなことを思いそうになるけど

「いやいや、あかん あかん 登れる!!!」

と、信じる。

その道は、少々難関でも、登りきった景色はすばらしい。

「あぁ~~ 諦めなくてよかった」

と、壁を背中に、すべり落ちながら思います。

諦めたら景色は、もう後ろしか見えへん。

そんなことを、思って毎日、毎日を過ごしてたら

とうとう、とうとう主治医の先生から
製作開始時期を告げられました。

あんまり、うれしいと 人間って
妙に冷静になるんや!
と感じました。

今は、冬ごもり。
最近、改めて 編み物の基礎を勉強しはじめました。

楽しくてしょうがない。
2歳と4歳の子供を抱えながら通ったヴォーグ学園は
正直、途中でやめたくなるくらいきびしかったけど

いまとなっては、みんなひっくるめて、楽しかった。
もう1度、あの頃の教科書を出して勉強できる日が
くるとは、数年前の私には、想像もできへんかった。

あのときの私に言ってあげたい

「大丈夫やで」

もうじき、妄想世界に帰れる。
信じるって、大切やなぁ。

200128.jpg
只今、勉強中

totona-mei