報道の自由ってええの?悪いの?

ず~~~~~と心の中でもやもやもやとしていたものがありました。
通りすぎてくれるのをまっていたけど、この思いを外に出さんことには
前に進まれへんような気持ちなのです。

私は非情な心の持ち主だと思います。
毎日、夜眠るとき、なんでこんなに腹が立つのだろうと思っていました。
他の人たちが口にすることとは、違うことを思っていました。

災害にあわれた方は本当にどんな気持ちなのか、私には想像がつきません。
なので、簡単に慰めや励ましの言葉は口にも文章にもだせません。

話がそれるけれど、私は子供を持つ前、子供に関する悲惨な事件が
報道で流されるたびに、「親御さんはどんなに悲しい気持ちだろう」
と、その悲しさが想像できていました。
でも、実際に子供を持つと、子供を病気でなくしても悲しいだろうに
事件なんかに巻き込まれ、鬼畜の餌食になったとういう話を
テレビや新聞で知ると、その親御さんの悲しみは、
とてもじゃぁないけど、想像もできませんでした。
ただ自分の子供でなくてよかった・・・・と
身勝手なことを思う私でした。


今回の災害も、私には被災した方の気持ちは、わかりません。
その人たちに、ましてや、子供たちに、マイクを向ける大人たち・・・
「せめて、子供にはやめたらんかい、そこまでせなあかんか」
と、テレビを壊しそうなくらい、いかりがこみ上げてきました。

でも、この報道のおかげで、日本中だけでなく、世界中から義援金が
集まっています。
そう考えたら、報道は必要かと思うけど、来る日も来る日も
ぐちゃぐちゃになってしまった風景と、その中で懸命に生きてる人の
悲しみのコメント・・・・


半分以上のチャンネルで、あの避難所の前に貼られてある文章を1枚ずつ
延々と読んだり、避難所にいる一人一人のお顔を映して流したり・・・
被災地では、電気も通らない状態で、お互いはわからへんかもしれないけど
日本中に、あの地域に友達・家族がいらっしゃる方がいっぱいいる。
そういうことが、今必要な報道とちゃうん?
全部そうしなとは言わんけど、せめて数チャンネルは
そういうこと専門にしたらええのにと思った。

私も未だに連絡がとれなくて、生きていてくれて、
やっと癌を克服して再開したお店がつぶれてないことを祈っている人がいる。

NHKが、安否情報を出してくれたときは、やっとか・・・・・と思った。
大物たちが、憶単位で寄付をしてくれている。
本当にありがたいことだ。お金は復興するのに絶対、必要なので。

私たち庶民ができる額なんてたかがしれてる。
でも、全国から寄付が集まっていると知ったとき、
自分が震災にあって感じたのは
「みんなが助けの手をさしのべてくれてる」
ということ。

日本中の人が口々に言ってる”小さなことからと、行動をおこす”
のはとてもほんまにいいことだと思う。
けど、私は思う。
どこの駅を降りても、そのたびに、張り裂けんばかりの声で、
説明つきで寄付金の呼びかけをしてる。
みんな知ってる。みんな小さな額でもしてる。
箱にいれんでも他の方法でもみんなしてる。
だから、そんな大声でさけばんでも、わかってる。

最近はあの前をなにもしないで通り過ぎるのが怖くて、しかたがない。
みんな必死なのはわかるけど、それいつまでできますか?
と聞きたくなってなってしまうのは私だけでしょうか・・・やっぱり。


神戸の震災の時、私の身内の職場が避難所になった。
家にも帰れず、泊り込みで仕事は、水が使えないので、
山盛りになるトイレの汚物をシャベルですくって、バケツに入れて、
汚物を避難所の外に持って出て穴を掘って埋める。
朝から晩まで、なくなることなのない汚物。
それは、気が遠くなるほどの異臭をはなってたそうだ。

そこへ、活気付いた青年たちがボランティアにやってきたというので
そこにはトイレが100個ほどあったので、
「この仕事を手伝ってくれないか」と
頼んだら、断られ、もっと違うことがやりたいと言い、
自分たちのご飯と眠る場所の心配をしている青年たち。
(帰ってもらったそうだが・・)

かと思えは、リュックに手弁当で、往復6時間歩いて
もくもくと通ってくる人。もくもくと頼まれた仕事をする人。

ボランティアって現場ではどんなことをするのか、
よく調べてから行ったほうかいい。


今から、仮設住宅が建って、現実と向き合える心を取り戻したときが
本当の戦いが始まるような気がする。

このとき、本当にきちんとした形でボランティアの人たち
それも10数年付き合う覚悟も必要なのではと思う。

いろいろ書いてしまったけど、人を助けるのはやっぱり人や。
それに、人って思った以上に強いと私は信じてる。

今、私にでいること?はっきりいってわからん。
普通に生活することなのかもしれへん。

もとに戻るまでには、戦いが続くと思うけど、戦う力は持ってる!
そう、思う。

願うとすれば、どこの地域もガス・お水・電気が
通常通りつかえるようになりますように・・・・・

totona

経験から

まだまだ、各地で地震が続いていますね。

私が経験してあのとき必要だったもの。

クラッカーやカロリーメイト、チョコなと賞味期限が長く
調理しないでも食べれるもの

お米

カセットコンロ+鍋等.....暖かいものが食べたくなったとき
            ご飯がたけます。ふりかけなどがあると
            おかずの代わりになります

飲み水

ラップ....食器にかぶしてつかうと、洗わずにすみます。
     お風呂にためたものは意外とすぐになくなるので。

お風呂にいっぱい水をためておく。お手洗いを流すのにかなりの
水が必要になります。私はプラッチックの衣装ケースにもためました。

袋(排泄物の処理・最悪水がなくなったときは、飲み水が大切なので)

小さな子がいる方は紙おむつ


ホカロン(電気が止まると暖房器具がみんな使えなくなったので)

手回しのラジオ付きライト

携帯とコンビニでも売ってる充電器

枕元には靴(落ちてきたものが割れて、歩くと怪我をします)

今、思いつくのはこれくらいです。

水・食べ物は3,4日は自分で用意しているのが、
あわてずにすみます。

人間<自然

とうとう、今まで、こらえてくれてた自然界が
限界を感じてきたのか・・・

昨日、夜にTVで地震を知り、神戸のあの日のことが
鮮明によみがえってきた。
ベランダから、外をのぞいてみると、目の前の
スーパーから、人があふれ出し、つきとばしたり、
食料の取り合いになっていた。


私は当時、6ヶ月の次男と2歳の長男の頭に座布団で
作ったずきんをかぶせ、前と後ろに2人をくくりつけ
家の中で靴をはいて、なんにもできずに余震におびえていた。
(どのタイミングで外にでていいか、外が安全なのかもわからない)


昨日から仙台に住んでいる知り合いの人と連絡がとれない。
どうぞ、被害がこれ以上大きくなりませんように。。。
連絡がとれますように。

totona

自分を知ることの難しさと大切さ

下を見てもきりがない、上を見てもきりがない。
人と比べると、もうどうしようもない。

私が見るべきもの、比べるべきものは、誰でもない 
自分だとおもえてきた。

昔に戻りたいなぁ~っていう気持ちは、
「弱虫の思うことや!現実から逃げてることや!」と
思わんようにしてたけど、昔を思い出して楽しい気分や
幸せな気持ちになれるんやったら、時々は自分を
タイムマシーンに乗せてあげてもいいと思う。


そうして、帰ってきて向き合うのは過去の自分ではなくて今の自分。
これから先どうなりたいのか それには今なにをするべきか。
私はまず、何をするにも健康な心と体がないと何もできないので
健康になりたい。それにはどうしたらいいのか・・・・
考える・・・ 実行する。
小さなことでもいいから、この繰り返しが大切に思う。


私の知ってる人でいつも元気が有り余って、仕事も上手くいって
交友関係も素敵で悩みなんて微塵もないようにみえて
うらやましく思えてた人にも、実は人に言えない苦しみがあって
寝れなくて、悩んでる人がいる。

そんな人を何人か見て、うわべだけで人を見てはいかんと
いうことがわかった。
どんなに、笑顔で大活躍している人も、本当はどんな苦労を
した人生を歩んできたかわからない。


そのことを表に見せないで輝いてる人を私は素敵だと憧れる。

totona

ゆびあみのマフラー

私は指編みをするときは、軍手などの手袋をはめてします。
なぜかというと、お手洗いにいきたくなったり、急な用事が
出来て、はずさないといけなくなったとき、そっとはずしても
あと、てんやわんやになるからです。


なので、軍手をして 用事ができたときは、軍手ごとそっとぬいて
ペットボトルなどにかぶしておきます(糸が抜けないように)


指編みは、このような変わり糸やファーでしても可愛いです。
ボリュームが欲しいときは、おっもいっきり手をひらくか
2本でつくります。
1日でできて、子供でも簡単です。




totona

み~つけた。

やっと やっと 出会いました。
私のアジトです。
かぎ渡しは3月31日。
4月から住めます。

1番気に入ったところは、窓をあけたときの眺め。
私の大好きな神戸の港が見渡せます。

きっと夜景も綺麗やと、想像して喜んでいます。

1人暮らしなんて、絶対にできないことやとあきらめてたけど、
夢が叶いました。
と、言っても週末だけですが、しあわせです。

とっても古いアパートやけど、そこで過ごせる時間で
また少しなにかがかわれそうな気がします。

神戸の港(メリケン波止場)をテーマにしたこの歌。
中学生のときからめちゃめちゃ好きで、今聴いてもええ曲です。



totona