2011年

2011年がやってきました。
年がかわると、何かがかわるような気がして、
春になったらやる気の芽がめばえてくれるような気がして・・・
秋になったら、何かおもしろい発想がうまれるような気かして・・
どいういつもりなのか期待して過ごしてきたように思う。

もう覚悟はきめました。

病んでいた期間が15年以上と、長すぎるからもとに、もどるのは
難しいと言われたけど、なぜか昔から私には、
”根拠の全くない自信”というものがあり
(このせいで、いろんな場面でたいそういじめられました)

「もとにもどられへんねんやったら、それもそれでいいやん わたしやん」
と思えるようにもなりました。

出口はどこにあるかわらへんけど、今の自分がどんな状態なのか
わかることができるようになりました。
(これ、大進歩です)

そして、脱出を試みて、見事に転がり落ちたり、
どっかにひっかかろうと、つめをたててもげてみたり
いろいろ、体験できないことを、体験できました。

現在も体験中ですが、以前のようにやみくもに、もがくのはやめました。
結局、どんどん自分のことが嫌いになっていくだけです。


今は、どうやって私を楽しませようか・・・
そんなことを考えています。
でけへんことを、悔しがるのは飽きるほどしました。

気が付いたことがあります。
自分が楽しめないと、周りにいる人も楽しくないということ。
自分のことを認めてあげないと、人のことも認めることができない。
ほかにも、今までにないことたくさん気づきました。

人にしたことは、いつか自分に返ってくるということも・・・
当たり前のことかもしれへんけど。

今、やっと睡眠薬で眠れるようになりました。

眠れることのありがたさ・・・
眠れない人の苦しさ・・・

44歳 人生まだ半分しか生きてないひよっこです。
この1年、良い意味で自分勝手に
生きてみようと思っています。

1年後の今日 このブログをもう1度読み返してみようと思います。