「努力する」 と 「絶対できるようになりたい!」とは違う。

靴下編んでます。と書いて数日。
編み図がわかったのに、出来上がらない。

ん~ 最初の失敗は、長編みの部分を、全部細編みでして
ちんちくりんな代物ができた。
今度は長編みでしてみたけど、なんだか大きくなってスカスカで暖かくない。
糸は変えたくない!ここは譲れない! 

「はて・どうしたものかのう・・・」
と、未完成の失敗作をずらりと並べて、思い出した。

「おぉ~ ケージを作って、計ればいいやんか。」

いつも着るもの、履く物、大きさのきまってる小物入れ・・・・
すべて、面倒やけど *ケージ編んで からつくるようにと、
自分で毎回、ゆうてたのに忘れてた。


....................................................................................................

*ゲージとは・・編み目の大きさをはかるもの。縦と横、それぞれ10cmの間に
何目編まれているかを数えます。
模様編みの場合は、10cmの間にいくつ模様が入っているかを数えます。

....................................................................................................

たかが靴下・されど靴下。
私は細編で編むことに決定。すると
問題① 立ち上がるときの鎖の目が目立つ。これを足の裏にもってきたら
    もぞがゆい・・・ぐるぐる編みにすることに決定。

問題② つま先から甲まではこれでよかった。でも、土踏まずからかかとまで
    ぐるぐる編みは出来ないから、細編みで往復しながら編んだら
    模様がかわった。この模様もいいけど、私は細編みの本来の姿がいい。
    


1005bb.jpg
毎段、糸を切って解決(糸始末がわんさわんさしてるけど、へっちゃら)

10055aa.jpg
小さなこだわり・・・・かかとのところに丸みをだしたかった。

こんなことを、何日か、ほぼ1日中してると、オリジナルの編み図が書けた。


「でけへん・でけへん」と嘆いてた時は、私はそれなりに、
もう1度編み物がしたくて、いろんな方法で努力をしてたような気がする。
でも、ちゃうんやなぁ・・・
努力は楽しくない。

でも、「絶対したい。最後までやり遂げたいって」
気持ちは、力になるような気がした。

してることは、おんなしやのに、不思議やな・・心ってもんは。

今回は、きっと誰でも作れちゃうような靴下やっけど、失敗するたびに
思い出したり、気づいたりすることがたくさんあって、
失敗は完成への階段やなぁ・・・と、思った。

この色あわせ、思いっきり元気なビタミンカラーで組み合わせたつもりやったけど、
こうやってみると、渋い。やっぱり渋い。