はじめの1歩は勇気がいるけど、2歩めは出しやすい。

zema1.jpg

いろんな場所にこっそり小さい毛糸の動物が立ってたり、座ったり・・・
...............................................................................................................

いつ頃からだったか、あの頃は必死で本気でニットのデザイナーになりたいと
思ってた。
何ヶ月もかけて大作をこしらえたり、コンクールに出展してみたり・・・
その頃、いつかはギャラリーで普段着れない変梃なニットウエアーの
個展をしたい!と夢をみてました。
でも、そんなことができるのは、きっと特別な人だけやから、
私にはほんまの夢やな・・・・と思ってた。
まさか、自分が小さい毛糸の動物で展示会をするなんてことは、
想像してなかった。
デザインは今もひっそりと仕事にしてるけど、
「誰でも簡単に。材料は誰でも手に入りやすいもので・・・・」というのが,
依頼されて,いつも必ず言われるテーマやから、もっとも悩ましいことです。

小さな動物たちの展示会のはじめの1歩は、
人のあまり来ないような喫茶店の出窓のところで
ポツポツと置かせてもらう予定でした。
(今みたいに雑貨屋さんでのスペースのレンタルなんかは見つけられなかった)


なんにも知らんということは、以外と強みです。
準備にどのくらいの期間が必要なのかとか、費用のこととか、
DMの枚数とか・・・いったい何をしたらええのかとか・・・
周りに同じ経験をした人が一人も居なかったから、すべて一か八かです。

今でも笑い話なのは、今回はmomoちゃんがお店から什器を貸してくれたけど
一等最初は、我が家のみずや(食器棚)をサカイ引越センターにお願いして
めちゃめちゃ大げさに、搬入しました。
タイトルの「LittleBox」という名にちなんで、手作りBOXを100個作り
来る日も来る日も白いペンキを塗りました。
手のひらには、小学生の時、鉄棒の練習をして以来の豆が大量にできました。
近所の人には、もちろん引っ越しすると思われました。
もどってきたから驚いたようです。

運び代については5万円かかりました・・・
今は、赤帽さんに頼んでます・往復でも2万円くらいです。
赤帽さんは、搬入のとき、私も一緒に連れていってくれます。
(一人は荷物管理で乗っていいそうです)
そして親切です。
でも、自分で積み下ろしは進んで手伝わなくてはなりません。

DMは2ヶ月前くらいにデザインを決めてます。
業者さんに頼むと1000枚単位でくるから、
自分でプリンターでします。私は150枚くらいで十分です。
(1度、業者さんに注文したら2000枚刷り上がってきたことがあり、
 ほとんど処分しました)
そして、お気に入りのお店に置いてもらったり
(店内にDMを置いているお店ならほとんどは快く置かせてくれます)
知り合いに出します。

どんなことでも、今の日常と違ったとこをするには、ぱわーがいるけど、
わかってるのに、新しいことに挑戦するのは、やっぱり楽しいからで
好きやからなのです。


totona